カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ


抗菌効果データ

●●●抗菌効果データ●●●

マムズケアの抗菌効果検査報告書■

マムズケアによって黄色ブドウ球菌が死滅したことを示す試験結果報告です。
(ファルコバイオシステムズ総合研究所による)

  1. 目的
    1. 天然ミネラル入浴剤「マムズケア」の抗菌効果について検討を行う
  2. 試験方法
    1. 被験菌が、100万個/1mlとなるように菌液を調整する。
    2. 天然ミネラル入浴剤「マムズケア」を、2500倍及び5000倍に希釈する。
    3. 天然ミネラル入浴剤「マムズケア」の原液、2500倍希釈液、5000倍希釈液10mlづつ試験管に分注する。
    4. 原液・2500倍・5000倍希釈液の入った試験管に、100万個/1mlに調整した菌液を1mlづつ分注する。
    5. 分注後、5分・15分・30分・1時間・2時間・3時間・24時間の計7回、0.1mlづつサンプリングし、TGC(チオグリコレ−ト)半流動培地に再度接種、37℃ 24時間培養を行う。
    6. 24時間後、0.1mlサンプリングしてミュ−ラ−ヒントン寒天地20mlと混釈培養、コロニ−数を計測する。
  3. 被験菌株
    1. 黄色ブドウ球菌(MRSA)
    2. 黄色ブドウ球菌(MSSA)
    3. コアグラ−ゼ陰性ブドウ球菌
    4. A群溶連菌(S.pyogenes)
    5. 緑膿菌(P.aeruginosa)
  4. 使用培地
    1. TGC(チオグリコレ−ト)半流動培地 : 日水製薬
    2. ミュ−ラ−ヒントン挟天地 : BBL社
  5. 結果

1.黄色ブドウ球菌(MRSA)

対 象5分15分30分1時間2時間3時間24時間
滅菌蒸留水に菌液接種3+3+3+3+3+3+2+
原液「マムズケア」
2500倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+
5000倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+

2.黄色ブドウ球菌(MSSA)

対 象5分15分30分1時間2時間3時間24時間
滅菌蒸留水に菌液接種3+3+3+3+3+3+2+
原液「マムズケア」
2500倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+
5000倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+

3.コアグラ−ゼ陰性ブドウ球菌

対 象5分15分30分1時間2時間3時間24時間
滅菌蒸留水に菌液接種3+3+3+3+3+3+2+
原液「マムズケア」
2500倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+
5000倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+

4.A群溶連菌(S.pyogenes)

対 象5分15分30分1時間2時間3時間24時間
滅菌蒸留水に菌液接種3+3+3+3+3+3+2+
原液「マムズケア」
2500倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+
5000倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+

5.緑膿菌(P.aeruginosa)

対 象5分15分30分1時間2時間3時間24時間
滅菌蒸留水に菌液接種3+3+3+3+3+3+3+
原液「マムズケア」
2500倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+
5000倍希釈「マムズケア」3+3+3+3+3+3+
*実験室環境 温度:23℃、湿度:48%、3時間以降24時間まで37℃にて保存。
*結果値の基準
  • 3+ ……… 1ml中に、10万個以上
  • 2+ ……… 1ml中に、1万個以上10万個以下
  • 1+ ……… 1ml中に、1個以上1万個以下
  • − ………… 発育せず。
試験結果より、原液ではどの菌種でも発育が著しく阻害されている。
これは、「マムズケア」の液性(pH)の影響により 菌の発育が阻害さ
れた結果ではないかと考えられる。
また、2500倍・5000倍希釈においてもすべての菌種で3時間以降
24時間までに発育が阻止されている。この希釈倍数であれば、原液
と異なり液性の影響は考えられない、「マムズケア」の成分による
抗菌効果が示唆される。